仕事は一年耐えるべき?短期離職のメリット・デメリットを覚悟した上で決断を!

※記事内のリンクに広告を含みます

短期離職

仕事は一年耐えるべき?短期離職のメリット・デメリットを覚悟した上で決断を!

仕事辛い。辞めたい。けど1年は耐えるべき?

職場の雰囲気もわかり、仕事に慣れてきた頃、「仕事を辞めたい」という悩みが出てくる人も多いのではないでしょうか?

仕事は1年くらい我慢した方がいい!

という意見も耳にしますが、本当に1年耐える必要があるのでしょうか?

このブログ記事では、

  • 辞めたい仕事を1年耐えるべきかどうか
  • 辛くても1年は仕事を耐えた方が良い人
  • 1年耐えずに退職を決断した方が良い人
  • 1年で退職と1ヶ月・3ヶ月で退職の違い
  • 仕事を辞める前に検討すべきこと

などを解説します。

このブログ記事を読むことで、「1年間仕事を耐えるのは自分にとって最善の選択なのか」を決断するためのヒントが見つかるはずです。

早速見ていきましょう!

仕事を一年耐えず退職することのリスクとデメリット

辛すぎる仕事を今すぐ辞めれたら…

と考えたら、その瞬間の解放感は魅力的に感じるかもしれません。

しかし、退職の決断をする前に、仕事を1年経たずに辞める場合のリスクとデメリットをしっかり考慮することが重要です。

キャリアへの影響

まず、キャリアに与える影響についてです。

仕事を1年経たずに辞めることは、

履歴書上の「空白期間」や「短期離職」として記録され、将来の転職活動で不利になる可能性が高い

です。

採用担当者は、短期間での退職を見ると、

次もすぐ仕事を辞めてしまうのではないか。

何か問題があるのではないか。

と忍耐力や問題解決能力に疑問を持つかもしれません。

経済的不安定さ

次に、経済面・金銭的不安定さも大きなデメリットです。

退職後の次の職がすぐに見つかるとは限りません。

その間の生活費や、緊急時の貯金が必要となります。

また、仕事を1年未満で退職すると失業保険の給付条件を満たさない場合があり、経済的なサポートを受けられないリスクもあります。

失業給付の条件
➡︎直近2年間で雇用保険の加入期間が12ヶ月以上

仕事を1年耐えるメリット

仕事を辞めたいと思う瞬間は誰にでもありますが、仕事を1年間耐えることのメリットについても考えてみましょう。

仕事を1年耐えることで得られる経験と成長

仕事を1年耐えて続けることで得られるものは、自信と評価です。

スキルアップと自信の構築

1年間という期間は、新しいスキルを学び、既存のスキルを磨き上げるのに十分な時間です。

たとえ今の仕事が自分に合っていないと感じていても、その中で新しいことを学ぶ機会を見つけることができます。

  • 新しいプロジェクトに挑戦したり
  • 新しい技術を習得したり
  • 既存業務を改善したり

することで、自信をつけることができます。

また、

辛くてしんどい中で、区切りの良い一年間は仕事を辞めなかった…!

という経験も自信につながります。

職場での実績と評価の向上

1年間続けることで、職場でのあなたの実績が積み上がり、評価が向上する可能性が高まります。

社内での実績と評価の向上は、昇進や給与の増加につながることがあります。

また、良い評価は自分の実績となり、次の仕事を探す転職活動において強力な武器となります。

失業保険の給付条件を満たすことができる

1年間仕事を続けると、失業保険の給付条件を満たすことができるというメリットもあります。

具体的には、雇用保険への加入期間が過去2年で12ヶ月以上あれば、万が一退職することになった場合でも、失業保険を受け取ることが可能です。

失業給付は、給料の50%〜80%の金額で、給付期間が90日ほどなので、次の仕事を探す間の生活をサポートしてくれる大切な資金となります。

合わせて読みたい

短期離職者が申請することでもらえるお金(失業手当)については、こちらで解説⬇︎
短期離職者のお金の悩み/申請すれば貰える手当や支払い必要な保険料税金などについて経験者が紹介

1年仕事を耐える場合と、3ヶ月、半年で退職した場合の比較!転職活動での印象は?

1年耐えることができないなら、3ヶ月や半年で辞めても同じでは?

次は、3ヶ月、半年、1年で退職した場合のそれぞれの状況と、将来への影響について比較していきます。

3ヶ月や半年での退職は、転職先の企業に対して、忍耐力の不足やコミットメントの欠如を印象づけがちです。一方で、1年以上の在籍は、一定のコミットメントと職場での課題に取り組む能力があると見なされやすいです。

3ヶ月で退職した場合

3ヶ月という短い期間での退職は、

  • 履歴書に空白期間ができてしまったり
  • 超短期離職に該当する

ため、転職活動において不利に働く可能性が高いです。

特に、新卒の場合や、短期離職を繰り返している場合には、「すぐに辞める人」という印象を持たれてしまうリスクが高まります。

また、3ヶ月間は試用期間とする会社も多く、業務内容を十分に理解しスキルを習得するには短すぎるとみなされます。

「何ができるのか」を重視する転職市場において、超短期離職は大きなハンデ。

半年で退職した場合

半年であれば、ある程度のスキルや経験を積むことができます。

しかし、半年でもまだ浅い経験であるため、転職市場での評価は低く、希望する職種に就ける可能性は低いです。

1年で退職した場合

1年間働くことで、ある程度のスキルと経験を積むことができ、転職市場での評価もある程度高くなります。

1年以上の実務経験があれば、希望する職種に就ける可能性も高くなります。

1年間勤務すると、転職活動で話せることも増えるね。

仕事を1年耐えた方が良い人

仕事を辞めたいと思ったとき、その決断をどう下すかは、個々の状況に深く根ざしています。

一年間耐えるべきかどうかの問いに対する答えは、一概には言えません。

まずは、辛くても仕事を1年間耐えた方が良い人の特徴を紹介します。

将来その業界でキャリアを積みたい

もし将来その業界でキャリアを築きたいと考えているなら、1年間耐えることで得られる経験やスキルは貴重です。

「1年以上の実務経験」は転職活動の際に有利に働きます。

また、業界内でのネットワークを広げる機会にもなり得ます。

特定のスキルや経験を身につけたい

特定のスキルや経験を身につけたい場合、1年間の勤務はその過程で非常に有益です。

特に、

  • その会社でしか身につけることが難しく
  • 今後も活かせるレアなスキル(業務)

に携わっている場合、将来のキャリアアップのために1年間耐える理由になり得ます。

特に、会社が資格取得のための支援やトレーニングを提供している場合、これらの機会を最大限に活用することが賢明!

経済的な不安がある

次の仕事を決めずに、1年未満で仕事を辞めると、収入が途絶えてしまう可能性があります。

貯蓄が十分になければ、生活が苦しくなる可能性もあります。

  • 十分な貯蓄がない
  • 家族からの援助がない
  • 失業保険を受け取れない

そのような場合には、次の仕事を決める前に辞めるのはリスクが大きいです。

転職活動中に貯金がひたすら減っていくのは、かなりしんどい…。

仕事を1年耐えずに退職した方が良い人

次は、仕事を1年耐えずに辞めたほうが良い人の特徴を紹介します。

仕事内容が自分に全く合っていない

仕事内容が自分の価値観やキャリア目標と全く合っていない場合、無理に1年間耐える必要はありません。

自分に合った仕事を見つけることが、長期的なキャリア構築において最も重要です。

体調を崩している

職場のストレスが原因で体調を崩している場合、健康を最優先に考えるべきです。

健康が損なわれては、仕事も人生も楽しむことができません。

精神的に追い詰められている

精神的な健康も重要です。

仕事が原因で精神的に追い詰められているようなら、環境を変えることが最善の選択です。

自分自身を守ることを、何よりも優先するべきです。

例えば、精神的に辛いなか我慢し続けて鬱病などになると、完治までにかなり時間がかかります。

どこでも通用するスキルや資格を持っている

有利なスキルや資格を持っている人は、転職市場で引く手あまたです。

そのため、1年未満で仕事を辞めたとしても、すぐに次の仕事を見つけられる可能性が高いです。

具体的には

  • 国家資格
  • エンジニアのような特化したスキル
  • もしくは汎用的かつ専門的な事務スキル

なども、どこでも通用する有利な資格・スキルと言えます。

1年耐えるか悩む仕事を今すぐ辞める前にできること

1年経たずに仕事を辞める前に検討すべき選択肢がいくつかあります。

次は、今すぐ仕事を辞める前にできることを紹介します。

上司や同僚に相談する

仕事を今すぐ辞めるか決断する前にできること1つ目は、上司や同僚への相談です。

仕事で直接関わる上司や同僚に相談することで、懸念点や問題点について話し合い、解決策を見つけることができるかもしれません。

また、上司があなたのキャリア目標や職場での期待について理解することで、より充実した職務内容への調整が可能になることもあります。

直属の上司が話を聞いてくれない場合は、人事部や上の人に掛け合ってみるのもあり。

転職活動を始める

仕事を今すぐ辞めるか決断する前にできること2つ目は、転職活動の着手です。

転職活動を始めることは、自分自身の市場価値を把握し、新たな機会を探るための有効な手段です。

転職市場における自身の立ち位置を知ることは、自信を持って次のステップに進むために役立ちます。

今の自分の市場価値を知ることで、安心して仕事を辞める決断ができるね。

また、転職活動を通じて、自分が本当にやりたい仕事や、より適した職場環境について考える良い機会になります。

合わせて読みたい

「自分に向いている仕事は何?」無料適職診断ツールのおすすめはこちら⬇︎
おすすめの無料適職診断ランキングBEST3!20代で短期離職した私が色々試して良かったのはコレ!

休職制度を利用する

仕事を今すぐ辞めるか決断する前にできること3つ目は、休職制度の活用です。

仕事のストレスが原因で心身ともに疲れている場合、休職制度を利用することでリフレッシュする時間を確保できます。

この休息期間は、自分自身を見つめ直し、キャリアについて深く考えるための貴重な時間となります。

まずは、会社に休職制度があるか確認してみよう。

また、休職中に新たなスキルを学んだり、趣味に没頭したりすることで、仕事以外の価値や興味を見出すことも可能です。

冷静に状況を分析する

辛くて仕事を辞めたいと感じた時は、焦らずに冷静に状況を分析することが重要です。

  • なぜ仕事を辞めたいのか
  • 辞めた後のキャリアプランはどうするのか
  • 経済的な状況は今すぐ辞めても大丈夫なのか
  • 周囲の理解は得られるのか

これらの質問に対する答えを考えることで、自分の価値観を明確にし、「仕事を今すぐ辞めることが最善の選択か」の検討材料にすることができます。

仕事を1年耐える意味はある?:まとめ

このブログ記事では、

  • つらいと感じる1年耐えるべきかどうかは状況によって異なること
  • しんどくても1年で仕事を辞めるべきではない人の特徴
  • 退職前に検討すべきこと

について説明しました。

スキルアップや、まだ会社内に残る希望を持てる場合にはもちろん仕事を続けたほうが良いですが、以下のような人は、無理に1年耐える必要はありません。

1年耐える必要がない人

  • 仕事内容が自分に全く合っていない
  • 体調を崩している
  • 精神的に追い詰められている

一人で抱え込まず、周囲に相談したり、情報収集をすることで、より良い解決策が見つかるかもしれません。

辛くて仕事を辞めたいと感じた時は、冷静に状況を分析し、自分にとって最善の選択をしてください。

「辞めたい」という感情に流され過ぎずに悔いのない判断を!

退職決断の第一歩

「仕事を辞めても大丈夫?次は何の仕事に就く?」
無料適職診断ツールのおすすめはこちら⬇︎
おすすめの無料適職診断ランキングBEST3!20代で短期離職した私が色々試して良かったのはコレ!

-短期離職