短期離職の理由の伝え方を退職理由別に紹介。転職活動の面接や履歴書でネガティブな印象を与えないポイントは?

※記事内のリンクに広告を含みます

短期離職

短期離職の理由の伝え方を退職理由別に紹介。転職活動の面接や履歴書でネガティブな印象を与えないポイントは?

  • 退職理由をどのくらい正直に伝えれば良いんだろう?
  • すぐ辞める人だと思われないためには、短期離職の理由をどう伝えるのが正解?

いざ転職活動を始めようとすると、短期離職の理由の伝え方で悩んでしまいますよね。

短期離職を経験し、新たな転職活動を行う際には、

どうして短期間で退職したんだろう。何か問題のある人なのかな?

次もまた短期間で辞めてしまうのではないか。

という採用担当の不安を払拭するために、退職理由の伝え方が選考通過の明暗を分けるポイントです。

この記事では、転職活動を成功させるために、短期離職の理由を上手に伝えるポイントや具体的な言い回しを紹介します。

転職活動で短期離職の理由を伝えるときのポイント

短期離職は様々な理由で発生しますが、採用担当者にネガティブな印象を与えないよう、退職理由をどのように伝えるかが重要になります。

ここでは、短期離職の理由を転職活動で伝える際のポイントについて解説します。

短期離職の理由を明確にする

まず、短期離職の理由を自分自身で明確に理解しておくことが重要です。

退職理由を正確に把握し、簡潔に説明できるように準備しておきましょう。

ポジティブな表現を使う

短期離職の理由を伝える際は、できる限りポジティブな表現を使うことが望ましいです。

ネガティブな経験や出来事も、学びや成長の機会として捉え直し、将来へのポジティブな影響に焦点を当てて伝えましょう。

また、前向きな言葉を選び、どのような状況でも成長と学びの機会を見出そうとした自身の姿勢を強調しましょう。

困難な状況に直面しても前向きに対処できる柔軟性と適応力を持っていることを示すのが大事!

前職での具体的な学びや成長を強調する

短期離職でも通常の転職活動と同様に、その期間中に得た具体的な学びや成長を強調することは非常に有効です。

  • 新しいスキルの習得
  • チームワーク向上
  • プロジェクトマネジメントの経験
  • 問題解決能力の向上

など、短期間であっても積極的に業務に取り組み、価値を提供しようとしたことをアピールしましょう。

どんなに小さなことでも良いから、前職での経験がどのように自己成長につながったかを強調しよう!

短期離職からの学びと対策

短期離職を経験したことから学んだ教訓や、同様の状況を避けるためにどのような対策を講じているかを具体的に述べることが有効です。

例えば、

  • 職場環境に関するより詳細なリサーチを行うようになった
  • キャリアの目標を明確にするための自己分析を深めた

など、具体的な行動を伝えることで、同じ短期離職を繰り返さないという強い意志を示すことができます。

合わせて読みたい

自己分析を深め、自分の強みや適正を知るには適職診断ツールの活用がおすすめ!

無料で精度の高い分析ができる適職診断を厳選⬇︎
おすすめの無料適職診断ランキングBEST3!20代で短期離職した私が色々試して良かったのはコレ!

転職への明確な動機と将来のビジョンを示す

短期離職をしたことで、何を学び、その後どのようなキャリアを築きたいのかについての明確なビジョンを持っていることを示すことが重要です。

  • 新たな職場でどのように貢献できるか
  • 自分のキャリア目標がどのように会社の目標と合致するか

を説明することで、企業の求める人材であることをアピールできます。

  1. 前職での明確な学びと成長
  2. 短期離職を繰り返さないための具体的な対策
  3. 職場で貢献できる理由(自分の強みが会社の求める人材に一致していること)

に焦点を当てて筋の通ったストーリーにすることで、短期離職の経験もキャリアの有意義な一部として位置づけることができます。

過去の経験全てが今の自分の糧になっているという事実を、自信を持って伝えよう!

次は、短期離職の理由の伝え方を退職理由別に詳しくお伝えしていきます。

短期離職の理由が人間関係・職場環境の場合の伝え方

人間関係に関する問題は、非常にデリケートなトピックです。

短期離職の理由が人間環境や職場環境だった場合、「新しいチャレンジを求めて」というフレーズを使いつつ、具体的な問題点よりも自身の成長やキャリアの目標にフォーカスして伝える事が重要です。

具体的な伝え方の例

  • 私はチームワークを非常に大切にしており、より協力的な環境で働きたいと考えております。前職でもチームワーク改善のために積極的にメンバーに声をかけるなど努めましたが、自分のキャリアビジョンをさらに実現するために、新たな環境での機会を探求しています
  • 前職では、コミュニケーション不足や価値観の違いにより、チームワークがうまく機能せず、自分の力を発揮できませんでした。御社はコミュニケーションを重視し、チームワークを大切にしているという印象を受けました。ぜひ、御社で自分の力を活かして貢献したいと考え、志望いたしました

具体的な人間関係の問題への言及を避けつつ、前向きなキャリア目標への意欲を示そう。

短期離職の理由が過酷な労働環境の場合の伝え方

短期離職を決断する理由の中でも、過酷な労働環境は特に多くの人が直面する問題です。

  • 長時間労働
  • 過度の仕事量
  • そして不十分な給料

は、働くモチベーションを大きく損ないます。

こうした状況から転職を決意した際、新たな職場の採用担当者に対してどのように伝えるべきか、具体的な表現方法を紹介していきます。

労働時間が長い・残業が多い

長時間労働や過度の残業は、多くの職場で問題となっています。

具体的な退職理由の伝え方の例は下記の通りです。

具体的な伝え方の例

  • 効率的な仕事を心がけています。前職では長時間労働が続き、他の人とも積極的に協力しながら取り組んできましたが、よりバランスの取れたワークライフバランスを重視し、自分の健康と家族との時間を大切にできる環境を求めるようになりました

単に労働時間が長かったという事実を述べるのではなく、自身の価値観と生活の質を重視する姿勢を伝えよう。

仕事量が多すぎる

過度の仕事量は、効果的な業務遂行や個人の成長にも影響を及ぼします。

具体的な伝え方の例

  • 前職では、多様なプロジェクトに携わる機会をいただき、業務量が多い中、業務効率化が測れるようにタスク管理のスキルを伸ばすことができました。しかし、より集中的にスキルを磨き、質の高い成果を出せる環境を求めるようになりました

仕事量の多さから転職を決意した理由を、成長への意欲とクオリティへのこだわりというポジティブな視点から説明しよう。

給料が低い

給料の不満を伝える際には、直接的な不満表明よりも、自身の価値に対する公正な評価を求める姿勢を示すことが大切です。

具体的な伝え方の例

  • 私は自分のスキルと経験を活かして、組織に貢献することを常に心がけています。前職では積極的に新しいアイデアを提案し実行してきましたが、成果を正当に評価してくれることがありませんでした。自分の貢献が適切に評価され、さらなるキャリアの成長を支援してくれる環境を探求することにしました

単に給料が低いというネガティブな事実を伝えるのではなく、自己の能力と貢献に対する正当な評価を求める前向きな姿勢を示そう。

短期離職の理由がキャリアの不一致の場合の伝え方

キャリアとの不一致は、短期離職の一般的な理由の一つです。

これらの理由を採用担当者に伝える際には、ネガティブな印象を与えずに、

  • 自身のキャリアビジョンと成長への意欲を強調すること
  • 自己分析をしっかりと行い、自身の強みや適性と会社の求める人物像を合致させること

が重要です。

下記では、具体的な退職理由別に離職理由の伝え方を紹介していきます。

興味やスキル、価値観と仕事が合わない

自分の興味やスキル、価値観が合わなくて退職した場合、そのまま伝えるのではなく

  • ではどんなスキルを活かしたいのか
  • どんな価値観を持っているのか
  • どうしてこの会社なら自身の興味に合うと思ったのか

を掘り下げて伝えることが重要です。

具体的な伝え方の例

  • 前職では〇〇を学びましたが、独学で△△に挑戦した経験から、私は[具体的な興味やスキル]を一層活かせる機会を求めていることに気づきました。それらを活かし、さらに成長できる環境を探しています

「興味がないのでやめた」だと、ワガママで自己中心的な印象を与えてしまうので注意!
具体的に説明しよう。

能力を発揮できない、やりがいを感じられない

能力を発揮できない、やりがいを感じられないなどは、理想の自己実現への成長意欲を示します。

具体的な伝え方の例

  • 私は[具体的な能力やスキル]を自分の強みだと感じていますが、前職では自分の能力を発揮できる機会が少なく、やりがいを感じることができませんでした。御社は、裁量権が大きく、自分の能力を活かして仕事に挑戦できると聞いております。自分の力を存分に発揮し貢献したいと考え、志望いたしました。

自身の能力と成長への意欲を前面に出して、退職理由と志望動機に一貫性を持つことがポイントです。

昇進やスキルアップの機会が見込めない

昇進やスキルアップへの機会が見込めない事が退職理由の場合、下記のような伝え方ができます。

具体的な伝え方の例

  • 前職では、人手不足により長時間労働が続き、沢山の経験は積めたものの、将来のキャリアプランを描くことが困難でした。御社は挑戦を後押し、スキルアップとキャリアアップのための具体的な機会を提供してくれる環境があると聞いております。自分のキャリアを築き成長できる環境で働きたいと考え、志望いたしました。

退職理由がこの場合は、具体的なキャリアプランを伝える必要があります。
例:営業職から実績を積んでマネージャー職になりたい等

キャリア成長への強い意欲を伝えると同時に、前職での経験が今後の成長の基盤となることを強調することができます。

短期離職の理由が適応障害や鬱など体調不良の場合の伝え方

適応障害や鬱などの体調不良が理由で短期離職をした場合、その事実を次の職場の採用担当者にどのように伝えるかは非常にデリケートな問題です。

正直に退職理由を伝えることのメリットとデメリットを検討し、その上でどのように情報を共有するかを決定することが重要です。

短期離職の理由が適応障害や鬱などの体調不良の場合、正直に伝えるメリット

短期離職の理由が適応障害や鬱だった場合、退職理由を正直に伝えるメリットは2つです。

適切なサポートと理解を得られる可能性

正直に伝える最大のメリットは、新しい職場での適切なサポートと理解を得ることができる可能性があることです。

メンタルヘルスの課題を抱えていることを事前に共有することで、職場はあなたのニーズに合わせて適切な対応を検討することができます。

これにより、適応障害や鬱病の再発防止や健康状態の維持に役立つ支援を受けることが可能になります。

信頼関係の構築

自身の過去を正直に共有することで、採用担当者との間に信頼関係を築くことができます。

誠実さは、多くの採用企業にとって重要な資質の一つであり、個人の強さと回復力を示すことができると評価される場合があります。

短期離職の理由が適応障害や鬱などの体調不良の場合、正直に伝えるデメリット

短期離職の理由が適応障害や鬱だった場合、退職理由を正直に伝えるデメリットは2つです。

偏見や再発の不安を抱かせる場合がある

残念ながら、メンタルヘルスに関連する問題は依然として偏見の対象となることがあります。

このため、適応障害や鬱などを正直に伝えたことが不利に働く可能性があり、体調不良を再発する不安から選考が厳しくなることがあります。

プライバシーの懸念

メンタルヘルスの問題を共有することは、個人のプライバシーに関わるデリケートな情報です。

この情報を共有することで、自分が病気だったという事実が共有され、それがストレスや不安を引き起こす原因となることもあります。

採用担当から相手の会社内でどこまで話が広がるかはわからない…

短期離職の理由が適応障害や鬱などの体調不良の場合、正直に伝える場合の伝え方

健康問題に直面したことを伝える際には、正直かつ慎重であることが重要です。

しかし、プライバシーに関わる問題であるため、詳細な病状や診断名を共有する必要はありません。

「健康上の理由で一時的に職を離れる必要がありましたが、現在は回復しており、新たな職場での業務に全力を尽くす準備ができています」

というように、現在の状況と前向きな姿勢を強調することが望ましいです。

結局、大事なのは...

短期離職の理由が適応障害や鬱などの体調不良である場合の転職活動における情報の共有は、非常にデリケートな問題です。

メリットとデメリットを慎重に検討し、自身の健康とキャリアにとって最善の選択をすることが重要です。

可能であれば、キャリアカウンセラーやメンタルヘルスの専門家に相談することも一つの方法!

個人の考えとしては、

  • 「体調不良だったことも全て受け入れて理解を示してくれる会社が良い」ということであれば正直に理由を伝える方が良い
  • 一方、「会社からそこまで理解を得る必要は無い」「言いたくない」と思うのであれば、体調不良を面接で伝える必要は無い

と思っています。

私(筆者)も適応障害で2回短期離職をして、転職活動をしたけど、体調不良で辞めたことは言わなかったです。

ただし、結局のところ、体調不良による退職を正直に伝えるかどうかに関わらず、転職活動では自身の能力と経験を前面に出し、将来の職場でどのように貢献できるかを強調することが重要です。

適応障害や鬱で短期離職に至った経験があったとしてもx、それが自身の仕事の能力や職業的な資質を定義するものではない

ことを忘れないでください。

適応障害や鬱を乗り越えて、転職活動に踏み出していること自体がすごいから自信持っていこう!

転職活動での短期離職の理由の伝え方:まとめ

この記事では、転職活動の際に短期離職の理由をどのように伝えればよいかについて、具体的な例をあげながら紹介しました。

短期離職の理由を伝える際のポイントは、

  1. 前職での明確な学びと成長
  2. 短期離職を繰り返さないための具体的な対策
  3. 職場で貢献できる理由(自分の強みが会社の求める人材に一致していること)

に焦点を当てて筋の通った前向きなストーリーとして伝えることです。

この人なら、うちの会社なら長く働いてくれそう!

と採用担当を納得させられるように、自己分析を深めつつ、退職理由を志望動機に一貫性を持たせましょう。

納得のいく転職活動が進められますように!

合わせて読みたい

自己分析を深め、自分の強みや適正を知るには適職診断ツールの活用がおすすめ!

無料で精度の高い分析ができる適職診断を3つ厳選⬇︎

無料適職診断ランキング

-短期離職